一人で悩む男性の写真

性病かな?と思ったら、早めの治療が大切です。一人で悩んで引きこもってるだけでは性病が悪化する一方です。だけど治療院に行くのはちょっと恥ずかしい…と思う人が多いのも事実。そこで当サイトでは自宅でも直せる治療薬の通販をご紹介します。

性病と突発性紫斑病と熱について

性病は、STDと呼ばれていて性行為によって感染する病気です。
病気によっては症状を感じにくいこともあるため、感染していても気が付かないと、気が付かない間に健康に被害が出たり、他の人にうつしてしまうこともあります。

性病は感染症です。
感染症は、細菌やウイルスなどの病原体が体内に侵入して、増殖することで起きます。
空気感染では結核やはしかなど、飛沫感染ではインフルエンザなど、接触感染ではO-157などがあります。

性病は、感染している人と性行為をすると感染します。
病原菌を含んだ精液や膣内分泌、血液などが口や性器の粘膜、皮膚などに接触すると感染しますが、日常生活の回しのみや握手、風呂などでは感染しません。

突発性紫斑病は、ITP(特発性血小板減少性紫斑病)のことです。
はっきりとした原因がわからないので、突発性といわれています。
突発性紫斑病は、血小板の数が10万/μL(マイクロリットル)以下に減少する病気で、最近は免疫の異常が原因であることがわかってきていて、免疫性血小板減少症と呼ぶこともあります。
紫斑病といわれていますが、紫斑(内失血で出る斑点)でないこともあります。

突発性紫斑病は、皮膚の下で小さな血管が破れて起きる紫斑や赤いそばかすのような点状出血意外に、鼻血や月経過多が起きたりします。
とくに血小板数が少ないときには、重篤な出血(脳内出血など)になる可能性もあり、注意が必要です。

熱が出ることを発熱といい、脳の中の視床下部と呼ばれる部分にある体温調節中枢が、何かの原因で異常を起こして、体温が正常よりも高くなった状態のことをいいます。
発熱については、まだ不明なことが多く、平熱だと36・5℃から37℃前後が最も多いですが、個人差があって、これより高くても低い場合でも平熱だととくに問題はありません。